aga治療は副作用で体毛が濃くなりませんか?ミノキシジルタブレットは体毛が濃くなると言う副作用が出やすい

●体毛が濃くならないaga治療
agaクリニックでは専門的な治療が受けられるのが良いところです。agaで悩まされている多くの男性で来院しています。そんなagaクリニックで受けられるaga治療は内服薬や外用薬を投与すると言う方法が一般的となっています。内服薬と外用薬を併用するaga治療もあります。

内服薬にはフィナステリド錠が良く用いられています。フィナステリドはagaの原因になっている5αリダクターゼと言う還元酵素を阻害し脱毛を予防する効果があります。外用薬にはミノキシジルが良く用いられています。ミノキシジルには血管を拡張し頭皮の血流を良くして毛母細胞を活性化、発毛促進する効果があります。

フィナステリド錠はagaを発症している頭部にしか効き目が出ないです。そのため頭部以外の体毛が濃くなると言う副作用は殆ど出ないです。ミノキシジルも頭部に塗って使用していますので、効き目は塗った部分だけです。使用する時にうっかり腕や脚に垂らしてしまった場合はその部分の体毛が濃くなる可能性がありますが、すぐに洗い流せば大丈夫です。

成長因子を頭皮に注入すると言うaga治療もあります。この場合も頭部にしか注入しませんので頭部以外の体毛が濃くなると言う心配は殆ど無いです。

●ミノキシジルタブレットは体毛が濃くなりやすい
その代わりにミノキシジルタブレットと言う飲むタイプのものは頭部以外の体毛が濃くなる副作用が出やすいです。なぜミノキシジルタブレットで体毛が濃くなる副作用が出やすいのか、その理由は口から飲むと胃腸で成分が吸収され全身へと運ばれるからです。

体毛が濃くなっても剃ればいいのですからそれ程大きな悩みとはならないです。もし剃るのが面倒、剃ると不自然になって恥ずかしいと言う時は衣服で隠せばいいのです。しかし顔の体毛が濃くなってしまった時は衣服で隠せないので厄介です。そんな時は電気シェーバーなどで剃ると良いです。

体毛が濃くなるよりagaの症状が進行するほうが悩みが大きいので妥協して続けると言う方が多くなっています。