aga治療は一生続けないといけないのですか?aga治療には一生続けなくて済むものがある

●プロペシアはずっと続ける事が必要
いくつかあるaga治療の中で最も一般的なのがプロペシアの処方です。男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭にある5αリダクターゼ2型と結びつくと、毛周期を短くするジヒドロテストステロンに変わります。毛周期が短くなると髪の毛が細く短くなり、薄毛が広がってしまいます。

これがagaの原因になっていますがプロペシアは5αリダクターゼ2型の働きを抑える効果があり、aga症状の改善が期待できると言う特徴があります。しかし効果が出た後に服用を中止すると、またaga症状が始まってしまう事がありました。それはテストステロンの分泌はその後もずっと続いているからです。

プロペシアの服用を中止すると今まで抑えられていた5αリダクターゼ2型の働きがまた始まりaga症状もそれに合わせて始まります。価格の高い医薬品だけにずっと続けるのでは負担が大きいです。毎日1錠服用するのも面倒になってしまいますが、ある年齢まで脱毛予防ができれば良いと言う方であればそれ程大きな問題にならないです。

●一生続けなくて済むaga治療
aga治療にはその後も効果が持続するものがあります。それはHARG療法と言う幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に注入すると言うaga治療です。成長因子不足により不活性になった毛母細胞に成長因子を補給し発毛を促すと言う仕組みになっています。この成長因子により毛包幹細胞が活性化し、毛包幹細胞自ら成長因子を分泌するようになります。

毛母細胞に成長因子を補給し続けると言った関係上、効果の持続期間が長いのが良いところです。その他にも一生続けなくて良いaga治療なのが自毛植毛です。自毛植毛では後頭部にある自分の髪の毛を採取して薄い部分に移植しています。後頭部の毛乳頭には5αリダクターゼ2型が少なく、agaによって脱毛しにくい髪の毛となっています。

その髪の毛を植毛していますので、生え変わりが進むのです。その代わりにHARG療法も自毛植毛も治療費が高額と言うデメリットがあります。しかし一生続けなくて済むaga治療ですので長い目で考えて下さい。