aga治療でよく聞かれるプロペシアにはどういった作用があるのですか?5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを阻害する効果のあるプロペシア

プロペシアは、日本でも2005年に厚生労働省から認可されて販売が開始された服用するaga治療薬です。主成分であるフィナステリドは男性ホルモンの働きを制御する作用があり、元々前立腺の病気を治療するために使用されていました。しかし、服用しているかたに発毛の副作用が見られたため、aga治療薬としての開発が進められることになったものです。

現在では世界の60カ国以上で販売がされています。

■プロペシアで得られる効果
agaの症状が表れる大きな原因が男性ホルモンの作用です。テストステロンと酵素の一種である5αリダクターゼが結びついてしまうことで、髪の毛を退行させる指令を発するジヒドロテストステロン、通称DHTというものが作り出されてしまいます。プロペシアはまず、5αリダクターゼの働きを阻害することでこのDHTを作り出すことを防止した上で、すでにDHTによって進行してしまったハゲを改善しヘアサイクルを通常の状態に戻します。

aga治療でよく聞かれるプロペシアにはどういった作用があるのですか?5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを阻害する効果のあるプロペシア

特に新陳代謝が活発な状態にある若い男性のaga治療には非常に有効で、髪の毛のボリュームを復活させられる可能性が高くなります。

参考材料■AGA 治療 http://hsclinic.jp/

■プロペシアの使用時の注意点
プロペシアは最低でも半年、1mg毎日服用していくことで効果を得られます。そして、薄毛進行が食い止められ発毛の効果が表れた後に服用を中断してしまうと、再び5αリダクターゼの阻害効果が失われますのでagaの進行が再び始まってしまうのです。服用中に同時に育毛剤を塗布したり、生活習慣を改めたり頭皮環境を整えていかなければ、一気に元の状態に戻ってしまうでしょう。

また、プロペシアの処方は保険適用外になりますので、全額自費診療です。月々薬代のみで1万円程度はかかることを考慮して使っていかなければなりません。

■プロペアシアに見られる副作用
ごく稀ではありますが、プロペシアには
・性欲減退
・勃起不全
の副作用が見られます。しかし発症率は僅かで、日常生活に影響を出さない程度のものです。こうした副作用があるということを知ることで、プラシーボ効果で引き起こされることも少なくありません。医師によく相談し、不安を取り除いた上で使用しましょう。

また、女性の使用は禁止されていますので、くれぐれもご注意ください。使用量を守ってプロペシアでハゲを改善させていきましょう。